日本三大うちわの一つである房州うちわについて

日本三大うちわの一つに、房州うちわがあります。

房州とは、千葉県房総半島の南部に位置し、明治の廃藩置県までは、この房総半島の南部を「安房国」といっておりました。

その安房国から一字を取り、房州と呼ばれるようになったのです。

小田原北条氏の頃に起こった、武州(武蔵国)、上州(上野国)と同じく、関八州の一つの呼称になり、最近では、房総と同様の意味で房州とも呼ばれているようです。

その房州に根付いた房州うちわは、江戸時代に遡ります。

江戸時代、房州には、うちわの材料となる竹が豊富にあり、竹の産地でもあったのです。

うちわの生産は、明治10年、現在の館山市那古で始まり、普及していったといわれます。

明治17年、岩城惣五郎氏が、東京からうちわの職人を雇い、うちわの生産を始めたことが、後のうちわ生産拡大への道となり、その地に根付いたのです。